キャッシング審査で決まることといえば

キャッシングの審査は融資限度額の決定が主な目的です。
融資限度額が決定すると自動的に対応する金利が決まります。
多くの金融機関では、融資限度額ごと金利が決まっているので、ちょっとでもキャッシングの利率を下げようとすれば融資限度額を上げることが一番です。
キャッシングの審査で決まるのはこのように融資限度額ですから、これを上げることを最優先に考える事が大切です。
融資限度額を下げてしまう原因として、他のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠が挙げられます。
担保がある自動車ローンなどは基本的にキャッシングの融資限度額に影響を及ぼさないと言われていますが、実際には融資可能額を減らすので限度額を減らす要因になります。