行政書士が職業の中でどんなところが優位になっている?

行政書士は法律に関するトラブルを解決するという点で弁護士と似ていますが、弁護士は主に裁判で、行政書士は書類によって解決を目指します。
費用も安い場合が多いため気軽に依頼できるという特徴があります。
行政書士は国家資格となっていて、難しい試験に合格する必要がありますが、資格を取得できれば行政書士事務所に勤める他、独立開業をすることもできます。
法律のトラブルは増加傾向にあるため今後も需要は十分見込めるので生活の安定がはかれます。
年収は事務所に勤務している場合は事務所次第と言えますが、平均で500万円程になります。
開業した場合は自分の実力次第では数千万円という収入も期待できます。
その場合はある程度コネや人脈なども必要になってきますが、需要のある業務なので今後も優位な職業と言えます。