女性の薄毛の種類にはどんなものがある?

まず、いくつかある女性の薄毛の種類の中で、最も多いとされているのが「びまん性(瀰漫性)脱毛症」です。
円形脱毛症のように一部分だけ髪が抜けたり薄くなったりするのではなく、頭皮全体に薄毛の症状がみられるもので、年齢的には30代の後半以降の女性の発症率が高いとされていますが、加齢の他にも過度なダイエットやヘアケア、ストレスなどがびまん性脱毛症の原因に挙げられます。
髪を束ねたりポニーテールにするなど、髪をゴムなどで縛ることによって髪が長時間にわたって引っ張られている状態にしておくことが原因となる「牽引性脱毛症」も、髪を伸ばすことが多い女性に多いものです。
そして、脱毛症の中には妊娠、出産をした女性が発症する「分娩後脱毛症」もあります。
AGA遺伝子検査キットの信憑性は?林太郎の体験談【2ch評判】